だめですよ

 大学が個人研究費をつけてくれるという。

 COEに当たったから、研究を推進させようという腹だ。その考え方は結構だ。
 しかし、実際に事務局に問い合わせてみると、何とも不便な制限があるのである。設備費に使ってはならない、人間への謝礼はいかなるものも認められない、等々。結局残るのは、印刷代、国内・海外移動費、通信費ぐらい。「旅行できるならいいじゃないか」とお考えの方。甘いですよ。この10月から次の3月の間、学会参加などで移動するときだけなのだ。我々の分野の主たる学会は9月。それを考えると、残るのは印刷代と通信費だ。学校で論文をコピーしまくって、家に郵送するぐらいしか用途がない。
 そのくせ、この助成をもらうと論文を書く義務が課せられる。論文を書くのにヤブサカではないが、書かされるのはまっぴらごめんだ。研究者の精神にも合致しない。

 ということで、応募しないことにした。こんな無茶な制限があるのに、しかし、応募するやついてるのかね。

 自宅に友人が来て論文を書くため、分析したりコメントを求めたりしてきた。私も自分の論文を改稿したりする。
 今度の論文も書き上げた。改訂は三回ぐらい、バージョン3.05ぐらいで投稿できるだろう。

コメントは受け付けていません。