二日参り

 11日、午前3時半。10日からまだ寝てません。

 Accessの関数を探しまくり、疲れ果て、VBで作り直してやれと思ったら、VBからAccessファイルをさわれることがわかって、もう一度そっちで作り直すかなぁと思ってみたりしたけど、結局一番美しくないと思っていたファイルをcsvで保存→変換という方法を採ることにしたら、半時間ほどで完璧なプログラムが書けたので、この件についてはもう終わりにするのが正解なんだろうな。
 でも、プログラマの端くれとして、ひとつのアプリもしくはファイル内で、完璧な操作ができる一アプリケーションを作るのが一番なんだよな。今度時間があったら、VBの応用本でもかって、VBからAccess形式のデータを触るプログラムを作ろうとか思っているけど、この夏休みを除いていつ暇な日ができるかまるで想像がつかないというか、多分無理。

 とりあえず、夜中になったので今から寝ます。きっと明日は昼ぐらいまで寝ていて、生活時間が短いだろうから、日記に書くことも少ないものと思われ。んで、今日の深夜の分を明日の日記として書き足しておく次第。

 ちなみに、今日のこの文体(だらだらと切れ間なく続くアホな子の会話のような文体)は、連邦の吉野さんの文体を真似てみたもの。ダラダラ書く分には非常に書きやすい文章だ。どうも私は、星新一に影響を受けたおかげか、一文が短くなるので。(11日書く)

 11日深夜・・・正確にはすでに12日、また2時半頃です。
 すっかり夜型になりました。

 今日は昼頃起きて、論文を書いてたりした。
 最初調子よく書いていたのだが、マシンがフリーズ。それまで書いていた文章、手を加えていた画像ファイル、全て吹っ飛んだ。ショック。15分ほどバーチャファイターをして立ち直る。こんなコトしてても始まらない、と気づいた。
 改めて論文に向かう。
 
 今度の論文は、図版を多用する。しかも、その図版というのがデータの分析結果。その分析をしてくれるソフトは、私の手作りソフトなのである。
 だから、ちょっと「あ〜、こうなっていたら便利なのに」と思うと、プログラムに手を加えてしまう。そんな寄り道を何度か繰り返し、今やこのソフトは結構良いものになった。論文公開の後、自分のホームページにもアップします。使うヤツなんかいないとおもうが。
 しかし、手作りソフトだから、自分のプログラム能力の限界にかなり制限される。一枚の図版をかくのに、軽く5分〜7分はかかる。図版が大きくなったり、制度を細かくしたりすると、それに比例してどんどん時間がかかる。そんな時間がかかるソフトで図版を8枚描いた。まっている間はマシンがほとんど無反応になるので、パソコンの前で漫画を読みつつ待つ。一応それでも、論文を書く作業の一貫。結局20時頃までかかって書き上げたが、文章を十分書き進めるには至らなかった。
 その代わりに、ソフトのバージョンがどんどん上がり、かなり良いものになったというわけ。

 夕食の支度をし、お酒を飲み・・・だらだらしているとこの時間。
 すでに何かができるわけでもなく、明日に備えて眠るのであった。

 さて、こんな一日(考えてみれば、家から一歩も出ていない)。人は大学院生を、「クリエイティブなお仕事」と評してくれるかどうか・・・(苦笑)

コメントは受け付けていません。