大人になれば

 爆笑オンエアバトルの大阪収録に行ってきた。

 いつも応募者数がすごいので、応募しても当選することがなかったのだが、今回は幸運にも夫婦して当選。鑑賞する機会を得ました。
 13時15分集合。しかし勝手に13時半集合だと思いこんでいたので、30分見ていたお昼ご飯の予定が15分しかない。15分で取れる昼食と言えば、ファーストフードぐらい・・・?と言うことでKFCに入る。KFCは人生二度目ぐらいじゃないか。とにかくあんまり行かない感じ。

 さて、大阪収録。収録に参加すると、10組の出し物全てを見ることができるというメリットがある。この番組のシステムがわからない人は・・・自分で調べて。
 実際に収録が始まったのは14時ぐらいからだが、終わったのは16時頃。これで一本目らしく、二本撮り・客総入れ替えである。つくづくテレビ業界の人は大変だね。
 内容については、ネタバレになるので言いません。自分が気に入った芸人がオンエアになったので、満足だとだけいっておく。

 終わって梅田に戻る。少し早い夕食ということで、インディアンカレーに行った。
 ご存知ですか、インディアンカレー。三番街にある(他にも支店あり)、有名なカレーやさん。あれ、カレーか?というぐらい・・・ただ辛いだけじゃなくて、おそろしくコクのある、濃い味のするカレー。それを食べに行った。
 最初にこの店を友人に紹介されたとき、あまりにも辛いので水を飲んだ。これが大失敗。この店のカレー、水を一回飲んでしまうと、さらに飲みたくなる。食べている間にどんどん飲みたくなるから、おなかが水でダボダボになって、美味しくないわ、苦しいわ・・・。とてもひどい目に遭う。美味しく食べるコツはピクルスなんですよ、水じゃなくてピクルスを食べて、辛さを和らげるんです、と店の人が教えてくれたのは食後だった。
 ともかく長い間、この店に行くと第二のメニューであるハヤシライスを頼んでいた。ハヤシライスもカレーライス同様、かなりこってりした味で、これは辛くないからどんどん食べられる。味の良さ、店の売りもよくわかる。しかし、この店でハヤシライスを食べるのは負け組である。カレーはカウンターのすぐ前でつくって、入れてくれるが、ハヤシライスだけ奥の厨房に「ハヤシひとつ−」と言われて、奥からわざわざ出てくる。「あぁ、あの負け犬用特殊メニューね」といわんばかりの扱いだ。他の客の視線も「け、おこちゃまが」と言ってるようで、肩身が狭い。
 妻とつきあい始めてから、彼女は辛いのが大丈夫と言うから、「水を飲まずにピクルスで辛さに耐えるんだよ」と講釈をたれてから、連れて行った。んで、そのとき腹をくくって、カレーを食べた。慣れてきたのか、大人になっていたのか、その頃からカレーも完食できるようになった。
 今でも、未だに、あの店のカレーは自分にとって苦しみである。少し嫌なコトなのだ。
 でもなぜか、たまに行こうと思う。なぜ?

 正直、わからない。しかし、この店でしかあのカレーが食べられない!と思うと、たまに行きたくなる。辛(から)くて、辛(つら)くて、うまい。

 おたくもぜひ。

コメントは受け付けていません。