アメザアリづくし

今日は楽しみにしていたアメザリライブである。

松竹芸能の若手?ホープ、アメリカザリガニ
ますだおかだが芸としてほぼ完成に近づいているのに対し、まだ荒削りの感じがするところが面白い連中である。
京橋のIMPホールで単独ライブ「捕獲」をやるということで、夫婦して見に行った。

我々夫婦は松竹芸能が好きである。
去年のクリスマスはM-1でますだおかだアメザリが出るのを応援するために東京へ駆けつけ、水曜の深夜は「Ban!Boo!パイン」という松竹芸能だけの番組を見、松竹のライブにこうしてかいがいしく通うという有様である。
吉本興業が嫌いじゃないんですよ。一番のお気に入りが(今のところ)アメザリということ。

感心したことには、正真正銘の単独ライブで、アメリカザリガニしか出演しなかったこと。普通この手のライブだとアメザリの後輩を数人交えて、大喜利をしたり、大がかりなコントをしたりして時間を潰すものであるが、彼らは正真正銘二人っきりで90分ちかくコント、漫才をしてくれた。

次から次へとアメザリが出てくるので、また、その都度キャラが違うアメザリが見られるので、かなり幸せであった。大いに心から笑わせてもらった。

さらに幸せなことに、帰りは京橋でうまいというラーメン屋、「マキノ家」に行った。トンコツスープは逸品であったが、麺がすこし柔らかかったことと、サイドメニューが少なかったことが減点かな。

まぁでも、素敵な週末デートであった。

コメントは受け付けていません。