ゼミ合宿にておもふこと

二つほどアイデアを思いついた。

 

一つはカーナビについて。二台の車でいったんだけど,距離が少し空いてしまうので,「相手の車は今どこにいるんだろう」というのがナビに出たらいいのにね。

24時間ぐらいしか効果のない,一時的なパスコードを互いのナビにセットしたら,互いの画面に相手の車の位置がでるとか,相手の車をタップしたらハンズフリーで通信できるとか,そういう技術は作れないもんかなぁ。

iPhone搭載の車になったら可能かもね,Appleが車を作れば良いのか。

 

 

もう一つは花札。麻雀でも良いんだけど。

日本文化に親しむということで,花札を持ってきて,みんなでルールを探り探り調べながらやっていたんだけど,結構むずかしいもんですな。

コイコイをしたんだけど,役がどうやってできているのかわかりにくいのです。

十二の月×四枚=四十八枚の札があるんだけど,どの月にもカス札,五点札があって,あとは十点・二十点の札が混在している。この辺がややこしい。

 

なので,札にICチップでも埋め込んで手持ちの札をデッキにセットしたら,どことどこでリーチがかかってますよ,とか表示されるシステムを作ったらどうだろうか。

 

いや,もちろん物理的実体を持たせず,例えばスマホやタブレット上で通信しながら対戦するようにしたら,ソフトウエア上でこうしたテクニックは簡単に実装できる。

でも,やはり実際の札,牌をもってやりたいじゃない。

宝くじでも当たったら,どこかに頼んで作ってもらおうかなあ。

 

 

上記二点のアイデア,ビッグビジネスの予感がします。が,欲しい人にはあげるので誰か夢を叶えてください(もう思いついたり叶ったりしてるかも,だけど)。

コメントは受け付けていません。