子供の食事量

三連休を使って、県内の温泉地に行ってきた。車で一時間もかからず行けるところなので、気楽にいける。
長期出張で家族に寂しい思いをさせた償い、という理由もあるけど、まあ自分へのご褒美的な意味もあったりして。

山村別館は部屋も広く、大浴場も広い。夕食後に家族風呂に入って、一番ちびちゃんが温泉デビュー。家族で入る風呂は楽しかったのです。
サービスもよく、コストパフォーマンスに見合ったサービスでよかったです。

さて、この一泊旅行。子供はそれぞれ6歳、3歳、0歳。
食事をどうするか、と悩んだのだけど、6歳には食事がいる、3歳にはお子様ランチ、0歳は食事不要とお願いしておいた。ところがどっこい。旅館のお子様ランチは結構豪勢で、3歳でも食べきれる量じゃない。しかも、6歳の料理は大人と一緒で、わさびだとか薬味だとかついているし、目の前で食べている弟の海老フライとかハンバーグのほうがいい!とか言ってる。。。

これ、悩ましいんです。

この上の二人分、メニューを変えるとお互いに「あっちがいい!」とか言い出すし、同じにして、一人前ずつ頼むと必ず少しずつ余る。それを結局両親でフォローしたりして。

ところで、昨日は枕がかわったのがよくなかったのか、末娘が夜中にかなり愚図った。しかも天井が高い部屋だったので、鳴き声がまぁ響くこと。上の子供たちは眠り続けているんだけど、妻はもちろん俺だってそうもいってられないわけで。
そんなこんなで、少し寝不足でしたのです。

今日は青海島を遊覧船で一周コースに乗ってきたのだけど、それもあってか、90分ほどのコースの半分ぐらい(そしていい景色のところ)ですっかり眠りこけてしまって、もったいないことをした。
妻は起きていたのだけど、船酔いしてしまったようで、楽しめなかったかも。

お昼は弁天池という奇麗なわき水の所に言って、せっかくだからここでお昼を食べようとなった。
が、例によって子供二人に頼んだそうめんは量が多く、妻も酔い気味で食べきれず、末娘がタイミング悪く母乳を欲したりでぐずったりした。妻が先に車に戻って、結局残った食事、2.5人前分ぐらい食べることに。残したら悪いからねぇ。
そうすると今度は俺が食べ過ぎで苦しくて…

結局、夕飯は鍋にしたのだけど、ほとんど食べられませんでした。
現在23時、やっとおなかの状態が普通になってきている。

長期出張の間、飲み会も続いたので、体重が1500gぐらい増えちゃった。
これからどんどん減らしていこうと思うのだけど、この調子じゃぁなぁ。
特に鍋は食べ過ぎてしまうから、警戒心をしっかり持っておこうと思うのだ。
希望としては、70kg前半で年を越したい…

コメントは受け付けていません。