京風中華

中華料理というのは世界のどこに行ってもあるもので、その理由は中国人が多いということもあるだろうけど、料理をそれぞれご当地風にアレンジしやすいからだと思う。

フォーラムでの発表を終え、共同研究者仲間(といってもほとんど年上)の先生に誘われていったのが、烏丸御池を少し西に行ったところにある「鳳城」というところ。
担々麺が売りなのだが、真っ赤で辛くてパンチのあるやつを想像すると、期待はずれに終わる。
店主曰く、それは担々麺の本質ではないらしい。若向け、人気取り、目立つことを考えるとそういう路線に走ることになるのだが、中華の本質を外さない落ち着いた担々麺というのもあるそうな。

現にこのお店で出すのはそういう担々麺で、さっぱりというか優しいお味。もちろん中華の味だし、おいしいのですよ。
担々麺以外にもいろいろな料理をコースで出してもらったが、京風の中華とはこういうものか!と舌鼓。おいしかったです。
年配の方と一緒に行けば、喜ばれるかも。

ネットでの評判がイマイチみたいだったので、あちこちに↑みたいな書き込みをしておきました(笑)

コメントは受け付けていません。