非線形と人間の理解

線型モデルが全く当てはまらないデータに対して、非線形のモデルを当てはめることを提案。
線型モデルの理解に苦しんでいた学生が、決定木のモデルだと「感覚的にわかります」という。

なるほど、そういうこともあるか。

線型モデルだと、数式を理解しなければならないが、あれはやっぱり特殊な知識なんだな、としみじみ。

コメントは受け付けていません。