ドグラ・マグラ

ドグラ・マグラ (上) (角川文庫) ドグラ・マグラ (下) (角川文庫)

読み終えました。やっとこさ。

Wikipediaで、中国三大奇書水滸伝三国志、西遊記)の記述を見ていたら、日本にも三大奇書があって、その一つがこれだという。しかも、その記述たるや、興味をかき立てられることこの上ない。
ドグラ・マグラ – Wikipedia

ので、購入して読んでみたわけです。

読んだら必ず一度は発狂する、という話だったけど、私は既にそうなっているのか、全く普通に読み終えることができました。ただし、とても読みにくい。もちろんわざとそうしてあるんだけど。

面白いかどうか、といわれたら、それほど面白くはないと答えます。ちょっと前評判を高く買いすぎたかな。
でも心理学(特に臨床)を考えている人なら、一読しておく価値はあるなぁ、と思う。

でも、表紙の画は何とかして欲しかった。別に変なエロ画にする必要ないじゃない。

日記
さようなら平成30年度

大学という年度単位で生きている私どもにとっては,今日がある意味一年の最後の日です。明日は新元号も,科 …

日記
巡り合わせの悪い時期

息子の骨折,本日完治いたしました。先週ピュウッと留め金の針金を抜いて終わったそうです。最近の医学はど …

日記
半月板ガングリオン

ロボの名前みたいだよねー。病名なんですけど。和名?は半月板囊腫です。 膝が痛い問題、MRIの結果を持 …