フロイドの線型代数

フロイドの自我論は基本的に因子分析モデルである。
id間に相関を仮定したもの、あるいは二次因子を想定したのがユングモデル。

ちなみに、目に見えないものを左右に置いて、真ん中にそれっぽい言葉を置けば、なんでも該当する。
「神、子、精霊」や「ダークサイド、ジェダイ、フォース」など、試してみよ。

コメントは受け付けていません。