もやしもん

先日、妻の後輩Oさんに「是非お薦めです」と言われて1巻を買ってみたが、2巻〜6巻までをサッと大人買いしてしまうほどよくできた面白いマンガである。

なぜだか先入観として、ヘタウマ的なちょっと可愛らしいキャラクターの四コマ漫画だと思っていたので手に取ることもなかったが、第一話から大きく期待を裏切られ、よい方向に裏切られ続けている。思えば、それぞれの表紙から内容がわからない(特に3巻の表紙あたりが、上記のイメージを産んだものと思われる。「伝染るんです」のカワウソにとても似たものを感じさせるからだ)のが、今日まで出会えなかった原因だと思われる。

喩えが少し古くなるので恐縮だが、「究極超人あ〜る」の現代版or大学版という感じでもある。既に成立している世界があって、読者がその中に入っていって楽しむという感じ。多くは作者の経験談から作られるこのパターンの漫画は、世界が安定しているので安心して読めるし、独特の異世界を楽しむ旅行記のようでもある。

騙されたと思って、是非1巻を買ってみて下さい。

もやしもん(1) (イブニングKC (106)) もやしもん(2) (イブニングKC (126)) もやしもん(3) (イブニングKC (151)) もやしもん(4) (イブニングKC (171))
もやしもん(5) (イブニングKC) もやしもん(6) (イブニングKC) 

コメントは受け付けていません。