多母集団とDIF

DIFでどこまでパラメタを動かすか、というのはなかなか難しい問題だ。
技術的にできることと、現実問題として説得的なモデルになるかどうか、有意義なものになるかどうかという問題は別であって・・・。

悩ましいところである。ちょっと考えよう。

ところで、パー助(Parscale)で制限を緩める方法がわかってきた。これでまた使える範囲が広がる。

コメントは受け付けていません。