多母集団とDIF

DIFでどこまでパラメタを動かすか、というのはなかなか難しい問題だ。
技術的にできることと、現実問題として説得的なモデルになるかどうか、有意義なものになるかどうかという問題は別であって・・・。

悩ましいところである。ちょっと考えよう。

ところで、パー助(Parscale)で制限を緩める方法がわかってきた。これでまた使える範囲が広がる。

日記
連休、やってます

令和になりましたな。 世間は10連休。わたしは初日の土曜日に研究会を入れたし、最後の月曜日は授業日な …

日記
バルサン焚きました

去年の今頃もやったなぁと思いつつ。 家の中にムカデが出るんですよ。家族はみんな虫嫌いで、中でもムカデ …

日記
さようなら平成30年度

大学という年度単位で生きている私どもにとっては,今日がある意味一年の最後の日です。明日は新元号も,科 …