春眠、惰眠との違いを覚えず

体内時計は狂い続けている。

いつもの感覚なら、「目覚ましをかけなくても朝起きるだろう」という感じだったのだが、起きたら正午だった。
なんでだ。寝過ぎるぐらい寝てしまう。

今日は起きたら、鼻の調子が悪かった。
例のアレビですよ。
即効性のアレビ薬を飲む。

アレビの薬は、のどが渇き、眠くなる。アレビの薬から睡眠薬の研究が生まれてくるぐらいだから、その効果は折り紙付きである。

夕方道にも眠たくなって、机を離れてのんびりしたら、少し寝ていた。

全くどうかしている・・・。どうしようもないのだけど。

コメントは受け付けていません。