基準があるようでない

ParscaleとMplusを使いまくる。
一日に何度も何度もやったので、さすがに使い方になれてきた。

頼まれごと?を集中的にやったので、どっと疲れた。本業がまたストップである。

人に統計を教えるのは好きだ。

統計は使うときに機械を使うから、必然的に機械の使い方を教えることにもなる。
が、機械の使い方はコンピュータリテラシーの問題でもあるし、何よりマニュアルがあることなので(ないことも多いのだが、サンプルぐらいはある)、それは自分でやってね、と言う。

コンピュータリテラシーは、私だって誰かに教わったわけではない。アホみたいなつまらぬ失敗を何度も繰り返してきて、今があるのだ。iと1の違いに気づかずに、三ヶ月悩み続けたことがあるぐらいだ。これらの知識は教えられる物でもない。

統計教えて、という話がいつの間にかソフトの使い方教えて、になると教えるのが嫌になってくる。

基準があるようでない。ないようで、ある。

要は、俺が楽しめなくなったら嫌なのだ。わがままだね。

コメントは受け付けていません。