ソフトをさわった感じなど

IRTプログラムの、BILOG-MGとPARSCALEをさわる。

マニュアルがあほほど分厚い。
読むのがいやなので、いきなりさわってみた。

うまくできなかった。

ので、日本心理学会のシンポジウム資料(参照:豊田秀樹研究室)を見つけてきて、さわってみた。

何とかやることが出来た。

BILOG-MGはユーザーインターフェースが整っているので、素人でもやりやすい。が、段階反応モデルに対応していないので、社会心理学業界では使いにくい。

PARSCALEはシンタックスで書いていかなければならないので、半時間でマスターするのはさすがに無理だったか。もう少しかかりそうだが、ICCやTCCがボタン一つで描けるのは嬉しいよな。

以上、初めてさわった感想。

コメントは受け付けていません。