恩出満怒

 恩出さんは、恩出銀行に口座をもっている。自分と同じ名前の銀行があるなんて、すごい人だ。
 しかも名前が満怒だ。「怒」の字をつけた親は、一体何を考えていたのか。

 何のことかと言いますと。光ケーブルが来たので、on Demand TVというのに加入したのだ。今日そのセットアップボックスが来たところ。申込みのところの記入例が恩出満怒さんだったのです。思い出したので書いてみた。

 さすがに画像情報は無線で飛ばすわけにはいかないらしい。10メートルのLANケーブルが同梱されていたのだが、さて、どうやって電話ジャックからテレビのところまで配線するか。配線が嫌だから無線LAN環境を作っているのになぁ。
 結局、壁沿いにケーブルを配することにしたが、上の方を通ってテレビまで持って行くことに。そのうち娘がハイハイしはじめるのだ。そうすると、ケーブルにひっかかったり、つかんだり、はがしたりしかねないので、手の届かないところを通すべきだと考えたのだ。一寸不格好だけど仕方がない。

 配線に使う両面テープや、電源タップ君を買いにでかける。
 ついでに、ケーキを買って帰る。今日は娘が生まれてちょうど7ヶ月なのだ。記念日なのかどうかもわからないけど。

 帰宅してセットアップ。番組をチョロチョロ見てみるが、今のところまだこれ!という番組がない。そのうちいい映画でもやるのを待ちましょう。

 学会の準備の方は、全く予想していなかった事態が発生。最初に報告してきたN氏は「うまくいくように祈りましょう」という。お祈りは彼に任せて、我々は対処を考えよう。

コメントは受け付けていません。