カーマ・スートラ

 民主党が単独で過半数を超え、政権を取ることになった。
 岡田と小泉のテレビ討論が企画され、小泉はすこし安堵したように、「完敗だ、退陣する。」という。

 そんな夢を見た。

 今日は学会で、朝から項目反応理論の話を聞く。
 いろいろ勉強になった。どれほど勉強になったかはヒミツ。

 昨日書き忘れていた「思いついたこと」をメモしておく。昨日のメモを見ながら書くので、何を思いついたかは昨日の俺に聞かなければわからない。

  • ニューラルネットワークと多変量解析、どちらを取るか。
  • デジタルな判断をしないこと、をどう評価するか。
  • ダイナミックシステムは時系列データだけか。
  • モデルをデータに当てはめて終わりか。予測して終わりか。
  • 線型モデルとはフィットで勝負するしかないのか。
  • モデルパラメタは個人属性に帰するのか。
  • モデルがわからず補完した場合なにが示されたのか。
  • 関数や変数、ユニットの数そのものの形が変わることに対応できない。モデルを作ると言うことは何かしらgiven
  • WSやシンポで板書する人がいるかもしれない。チョークの準備を怠るな。
  • マレーのTAT、欲求と圧力
  • 社会心理学のデータでは空間の性質すらわからない。
  • x(t);実時間→s=f(t);単調増の関数→x(s);心理時間

 昨日キオスクで買ったエロ本。「性愛奥義 官能の「カーマ・スートラ」解読 講談社現代新書」。著者の植島先生は昔関大で教えていて、授業を数回聞いたことがある。面白そうなので買ってみたが、途中まで読んで、直感が当たったことがわかった。

性愛奥義 官能の「カーマ・スートラ」解読  講談社現代新書

コメントは受け付けていません。