Kosugitti's BLOG

アンドロイドは正規分布の夢を見るか

この画面は、簡易表示です

2005 / 1月

第一回「採点フォビア」は友人Fの日記を参照

レポートやらテストやらの採点に追われる。
最初は違うことをやろうと思ったのだが、先に大変な方をやっつけようと思った。200人を越える評定をするのだから。

出席回数と成績はほぼ正の相関をする。
よく出席している子は、ペーパーテストでもよい成績なのだ。
だからといって、相関係数が1.0になるわけではないから、テストの日に体調が悪かったのか?と思わせるような外れ値もあるもので。

なるべくそういう子は拾い上げてあげたいが、一人だけえこひいきするわけにはいかない。その子だけ、+10点ということはしたくないのだ。
むやみに出席のウェイトが大きくなりすぎず(10%ぐらいまでかな)、かつテストの点で(せめて)合格ラインに達するように・・・

大変面倒だが、上手く決まったときは嬉しいのだ。



1月22日の一行日記

  • 朝からプログラミング。昼からのミーティングに間に合わせんとす。
  • 朝からお買い物。ついでにATMに寄って、500円×200枚を貯金しようとしたけど、土日は受け付けてくれないのね。貯金箱を持ちながらうろつく変な男でした。
  • 昼からは友人とミーティング(研究会?)。友人が着く15分ほど前にプログラム準備完了。
  • データ構造を綺麗にしておくと、プログラムの改編も簡単。
  • データ構造がそもそも複雑なもんだから、イメージがつかみにくくてかなわない。逆に言えば、まだ誰もこんな面倒なことに手をつけていないのだろうから、我々がモノにしたら一躍最先端だ、とは友人Fの言。一理ある。
  • 過去四回のM-1を見直す。気分転換に。
  • 夜は採点。採点することをすっかり忘れていた自分に驚く。


1月21日の一言日記

  • やっぱりこの人のコラムは面白いわ。GUIは日本語文法に従う、か。おもしろい視点だなぁ。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2005/0121/config035.htm

  • 帰ってきたら、メールで仕事がいくつか。丸投げしてくるなよ!
  • ちなみに写真は私じゃありません。後輩Oです。


ドライブは続く

朝ドアをノックする音で目が覚める。時間を見たら9:49である。あり?

10時にチェックアウトのはずなのだ。朝ご飯もなにもあったもんじゃない。目覚ましをかけなかった自分も悪いが、まさかこんなにぐっすり眠ってしまうとは。普通ホテルで寝ると、勝手に朝方目が覚めるんだけどなぁ。

ともかく、10分で部屋を空ける。やれば出来るもんですね。

学生が高速バス乗り場まで送迎されていくのを見送り、我々は車に乗り込む。
「せっかくなのでどこか寄っていこう。香川でうどんか、徳島でラーメンか?」という話になり、結局讃岐うどんの勝ち。

鳴門海峡を渡るとき、ちょうど渦潮が出来る時間だった。ラッキー。

讃岐について、先生のおぼろげな記憶にナビってもらいながら、三軒まわりました。
最初に行った「池上製麺所」が一番美味しかったな。テレビか何かで紹介されていたところらしい。そういえば、見たような気がする。看板娘のルミ子ばあちゃんはいなかったけど。

ところで、高知の庵治といえば、映画「世界の中心で愛を叫ぶ」のロケ地になったところだそうですな。ドライバーの後輩Hが、最近この映画を見たところらしく、どうしても行きたい行きたいというので、男四人でその街に行ってきた。

庵治の町おこしネタになっているようで、「映画ロケ地の街へようこそ!」という看板がそこかしこにある。役所に行くと、ロケ地巡りのパンフレットまであった。
品川ナンバーの車も見かけた。遠くからわざわざ見に来たのねぇ。我々も奈良ナンバーでしたが。

映画に出てくる防波堤で写真を撮ってきた。映画に使われなくとも、綺麗な景色だったろうな。

帰り道、これまた上手い具合に、ちょうど渦潮が出来る時間に鳴門海峡を通過。朝の渦よりよく見えた。

最後は後輩に家まで送ってもらいました。
こういう、行き当たりばったりで小旅行というのは、メンバーやスケジュールなどに恵まれてないと出来ないことなのだ。幸福なひとときでした。

今度は妻(と子ども)と一緒に、うどん巡りをしよう。



ゼミ合宿に行く

昨日は合宿。学部生の卒論発表会を、淡路島の「ホテルニューアワジ」でやるというのだ。
後輩が車を出してくれたので、淡路島までドライブ気分。

洲本I.C.で降りて、少し早めのお昼ご飯。海鮮丼を食べたが、食べにくいという印象だけが残った。
土産物屋さんがあったので寄ってみたら、とっても美味しい海苔があったので、つい購入。

さて、ホテルに移動、ここから車で15分ほどなので、高速バスでやってくる学生達より先について、ロビーでゆっくりコーヒーでも飲んで待つかな、という感じだった。

ところが。
ホテルについて、名前を告げるも「そのような予約は入っておりません」という。
「え?!」そんなはずは・・・
ホテルのひとが「ひょっとして、後ろに何か尽きませんでしたか。ホテルニュー淡路プラザとか」と言うので確認すると、そうです、確かにホテルニューアワジ・プラザ淡路島でした。

後ろに「プラザ」がつくと、その場所から車で50分ほど走った南淡にある別物なのだそうだ。
現地は大きな風車の回る、とても景色のよいところでした。
教員と院生が、揃って遅刻しましたとさ(笑)

発表会は滞りなく進む。
最後に一言コメントを、と聞かれたので「上出来!」とだけ言っておいた。いろいろ考えたのだが、喋り出すと長くなりそうだったから、ホントに一言で止めたのである。

私が教壇に立って、最初に教えた学生達だったので、ちゃんとできているかどうか心配だったが、まぁまぁの出来でした。一安心。

夜は飲み会。「○○語っぽく聞こえる日本語」の話がウケました。
今日のタイトルはフランス語っぽく聞こえる日本語です。「もんぺと鍬」。鼻をつまみながら言うと尚よし。

ちなみに、一番受けたのは、後輩Sが教えてくれた「コレはよくちょん切れるハサミダ」でした。くぅ。



達成!

500円玉de10万円貯金、達成しました!

たった200枚なんだよね。どちゃっと置いたのと、並べてみたのと、どっちが嬉しいかな、と思って両方やってみた。個人的には前者(写真左)が好き。
でも、これで10万円もあるかと思うと、うれしいよな。

サンプルが200もあると、統計を取ってしまうのが悲しい性。
まず、新500円玉と旧500円玉の比率を比べた。見分けは500円玉の縁です。◇模様があれば旧式。
比率はなんと194:6。もはや旧式は3%しか出回っていないのである。

そこで改めて、製造年別に並べ直してみた。
最も古いのが、昭和57年モノで、一枚しかない。平成10年モノまで一枚ずつ。最新の平成16年モノが11枚ありました。詳細は以下の通り。

  • H.16  11枚
  • H.15  39枚
  • H.14  36枚
  • H.13  54枚
  • H.12  54枚
  • H.10   1枚
  • H.07   1枚
  • H.04   1枚
  • H.02   1枚
  • S.58   1枚
  • S.57   1枚

コレを見ると、平成8〜9年や、平成11年モノがないことがわかる。このあたりはあんまり作ってなかったんかなぁ。

ま、今度コレを銀行にドバーッといれてきます。
生まれて初めてのボーナスだと思って、何を買おうか思案中。
今のところ、候補は以下の通り。順不同。

  1. ハリー・ポッターと賢者の石 (1)
  2. ハリー・ポッターと秘密の部屋
  3. ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 (3)
  4. ハリー・ポッターと炎のゴブレット 上下巻2冊セット (4)
  5. スピーカー
  6. MTR
  7. 真・三國無双2
  8. プレステの端子
  9. GT4椅子
  10. プレステのD端子
  11. CLIE


管理人の仕事

管理人は管理をする人ではないですか。
今日、コンピュータの事務にわからないところを聞きに行ったら「ウチじゃないので。ウチは扱ってないので」の一点張りで、ヒントすらもらえなかった。

まぁ逆の立場だったら、そうするかな。あるいは、ウチじゃないのでよくわからないけど、こうしたらどうだい、という言い方をするかな、うん。

結局たらい回しにされましたとさ。




top