Kosugitti's BLOG

アンドロイドは正規分布の夢を見るか

この画面は、簡易表示です

2015 / 6月

隠れベイジアン心の叫び

[amazonjs asin=”4254122128″ locale=”JP” title=”基礎からのベイズ統計学: ハミルトニアンモンテカルロ法による実践的入門”]

この本を読むがいい!

この本を読むがいい!

これまで訳の分からぬ伝統的心理統計に悩まされてきた同胞たちよ!この本を読むがいい!
p値は仮説が正しい確率ではないと言われ(なんじゃそれ!)

差がないとは言えないがあると言い切ることはできぬと言われ(なんじゃそれ!)

同程度のサンプリングを無限に繰り返すと母数を含んでいる割合が95%だと言われ(なんじゃそれ!)

ことごとく我々文系脳の直観に反する屁理屈を積み上げ、挙げ句の果てに目の前の愛しい人が振り向いてくれないとは言えないみたいな中途半端なアドバイスしかくれなかったあの憎っくき伝統的心理統計に悩まされてきた同胞たちよ!

我々はベイジアンだ!ベイジアンになるんだ!

情報化仮説で!ベイズファクターで!主観確率まみれの人生を歩むんだ!

 

口説き落とす確率を見積もれ!(うおおおお!)

差がどれぐらいあるのかを胸を張って言い切れ!(うおおおお!)

ここからここまでの幅に答えがあると言い切れ!(うおおおお!)

 
我々はその力を手にした!

stanで!HMCで!この本で!

全国の統計ユーザーよ、ベイジアンとなって立ち上がれ!

[amazonjs asin=”4254122128″ locale=”JP” title=”基礎からのベイズ統計学: ハミルトニアンモンテカルロ法による実践的入門”]

※これはこの本の主張するところではなく、筆者が急進的ベイジアンのふりをして読んだ唄であり、良識あるみなさんは決してRTやシェアはしないでください。



肩透かし

と、思ってたらきてた。帰りに事務室覗いて正解!満を持して…

数分後。

こういうことがないように、と自分でスペックを選んだ画面のスクリーンショットを撮ったものを添付し、契約課に発注したんですよ。なのに全く、どこのなにを見てるんだ!

そらこうなるわな。

因みに5年ぶり2度目です、同様のトラブル。マイノリティーは辛いよ。

さて、来週中に取り替えてもらわないとその次の出張に差し障るんだが、今朝はその交渉からか…面倒だなぁ。



科学的実在論を擁護してきました;YUEP2015

土曜日はYUEP読書会でした。

課題図書はこちら。[amazonjs asin=”4815808015″ locale=”JP” title=”科学的実在論を擁護する”]

最初の方はこれまでの理論の整理,最後の方に著者の主張が来るんだけど,擁護するという著者の主張が「公理系=モデル=実在(世界)」という形にすると,モデルはいろいろ否定されても公理系は傷つかないからいいよね,というところ。

この話は,自然科学系の科学論,という意味では非常にわかりやすいんだけど,我々は心理学という変な領域をやっているので,イマイチしっくりこない。というのも,心理学はそもそもの成り立ちがモデル論的(S-Rの間に心というブラックボックス・モデルを仮定する)なわけです。だからモデルが乱立するし,モデルとデータの適合の程度を統計学で担保してもらったりする。あるいは,モデルを拡張したり批判するために,新しい現象を見つけてきたりする。だから,わざわざ「これからはモデルを挟んで,世界と公理系の間を橋渡ししたら?」という主張が,我々にとっては当然の前提で・・・という感じになってしまうというところだろうか。

ただ面白いのは,心理学は公理系を作ろうとしないんだよね。しない,というかできない,というべきだろうか。

で,読書会メンバーで,例えば認知心理学における公理系(どの認知心理学者も認めている前提)って何があるだろう,といいながら次の二つを思いついた。

  1. 人間は情報処理機械である
  2. 人間の情報処理能力(速度、容量)には上限がある

これに加えて,@FUJIKIDaisuke 先生が「活性化拡散理論はもう公理といっていいんじゃないか」と言ってくれました。ネットワークモデルか,なるほど。

残念ながら,特に私のいてる社会心理学においては,そういう話が全く出てこない。社会とは何か,社会と個人の関係はどうあるべきかについて,共有している前提ってないのかしら。以前「数理社会心理学の基礎」というエントリを書いたんだけど,こういう話を共有できればなぁと思います。

ところで,先日stanをつかってモデリングをしていた時に,不思議な感覚を覚えた。モデルを書いてMCMCしていたんだけど,そのモデルの書き方がシミュレーション研究のパラメタ設定をしている感覚だったんだよね。となると今後,階層ベイズが一般的な手法になってきて,「データを生成するモデル」を考える必要が出てくるだろう。そしてそれを考えていくと,そのモデルを支えている世界観=公理系が必要になってくるはず。そのことになって,やっとソシオン理論が日の目をみるのかな,と思ったりしています。

相対主義が身体化されきった世代の人間にとって,どの研究・モデルも「お前がそう思うんならそうなんだろう,お前ん中ではな」という考え方はもう当たり前,それ以外がイメージできないほどに身に染み付いているわけです。そうすると,ますます論理実証主義的な考え方の世代とは会話がずれていくなあ,と思いますが,そういう時代が来ると「モデルとそれを支えている世界」の適応範囲の広さや説得力が重要になってくるはず。

教養を積まないとなぁ。

 

追伸 ちなみに,ツイッター上で一番面白かった反応はこれ。


さすがやで…



坊主日記4,夏の始まり坊主の終わり

美容院の予約が取れなかったので,1000円カットで長さを調整。もはや坊主ではない。

坊主にしてわかったのは,頭は丸いということ。髪の毛が伸びると放射線状に伸びていくので,上の長さは普通でも横が邪魔になる。今日は横を刈り上げてくれ,上はいいからと言いました。バリカンの長さはどうしましょう?と言われて,6mmじゃ短く11mmは長すぎるから9mmで,と相談できる程度にバリカン事情に通じる。いずれにせよ,もはや短髪。これにて坊主日記を終わりとする。

 



MCMCでモコモコしちゃう

MCMCって大量にサンプルを発生させる技ですが,あー計算しているなー,発生させているなー,というのが目に見えてわかるようになったら楽しいと思うんです。イメージもしやすいだろうし。

ということで,Rでアニメーション画像を作る方法はないかしら,と考えたところ,animationパッケージとimage magickというのを使えば良いらしい,ということがわかりました。この2つのパッケージとアプリが用意されている前提で,次の関数を作りました。

[crayon-5ba49e17cc5ac815432178/]

与えるデータは,rstanが吐き出したstanfitオブジェクトのなかでも,必要な変数のところだけextractしたやつです。
オプションとして,stepが描画するときのサンプルをいくつ飛ばしでやるか(間引き方ですが,thinだとstanの変数とごっちゃになるので名前を変えました),密度関数の線を引くかどうか(dens=TRUEで書きます。デフォルトはFALSE),スタートはバーンアウト後100回目のサンプルからにしてます。

試しに,世界一簡単なrstanコードを使って実際に使用してみたいと思います。

[crayon-5ba49e17cc5c6172288941/]

[crayon-5ba49e17cc5d1180367902/]

[crayon-5ba49e17cc5e4267664893/]

[crayon-5ba49e17cc5ee716432128/]

[crayon-5ba49e17cc5f7224715915/]

最後の行でextractsしてます。

さて,このサンプルをアニメーションgifにします。
animationパッケージをrequireして,オプションをいくつか。intervalはパラパラアニメのスピードですが,0.06ぐらいが丁度いいようです。loopオプションは反復するかどうかで,デフォルトではgifが無限ループするので1にしておきます。この辺はanimationパッケージのsaveGIFオプションなので,ヘルプ見てください。

ここでsaveGIF関数の最初に,上で用意した自作関数を入れてやると,どんどんヒストグラムが育っていきます。

[crayon-5ba49e17cc601255866454/]

[crayon-5ba49e17cc60b241404256/]

これを実行して得られる絵がこちら。(動かない人は画像をクリックしてね。)

MCMCexample1

モコモコしてる!MCMCがMCMCしてる!

・・・しかしここまできたら,ggplot2パッケージをつかってもう少し綺麗に描きたいな。
ということで,書き直したのが次のMCMCmovie2関数。

[crayon-5ba49e17cc616909645479/]

使い方として,引数にchain数を入れるようにしてます。そうするとchainごとに色分けしてくれる。chainの区別なしでいいや,という人は何も書かなければ全部を1サンプルとして描いてしまいます。

[crayon-5ba49e17cc620620926245/]

[crayon-5ba49e17cc629108750998/]

これを実行して得られる絵がこちら。

MCMCexample2

モコモコしてる!MCMCがMCMCしてる!(;´Д`)ハアハア

ちなみに棒グラフにする(dens=FALSE設定)と(なんか警告が出てうるさいですけど)

MCMCexample3

モコモコしてる!MCMCがMCMCしてる!(;´Д`)ハアハア(;´Д`)ハアハア

・・・誰かの何かのお役に立てば。




top