Beamerデビューだ

行動計量学会で発表するんだけど,数式を使ったスライドってやっぱり作りにくい。

Keynoteはいいスライドを作るんだけど,ちょっとデカすぎるというか,大きく作れ過ぎちゃうんだよなぁ。

一応LaTeXitの力を借りて作り始めたんだけど,早々に嫌気がさしてきた。

 

ということで,Beamerを始めることにした。

TeXでスライドを作るためのドキュメントクラスで,Macで使うにはインストール云々がいるみたいなんだけど,MacTeX(ディストリビューション)には最初から入っていたから特に苦労なし。

単に,documentclass{beamer}と書いて,

\begin{document}

\begin{frame}

\frametitle{スライドのタイトル}

\end{frame}

\end{document}

 

これで終わり。もちろん数式やgraphics環境なんかは他のドキュメントクラスと同じ。

テーマもかっこいいのがあるし,できたPDFにはナビゲーションバーもついてる。

PDFでプレゼンするので,Acrobat Readerがある環境ならどこででもできるし。

結構気に入りました。今後もこの方向でやっていこうと思います。

コメントは受け付けていません。