娘の悩み

小学校が始まって,今日で二週間になる。
忘れ物をしてもけろっとしていたり,友達の名前を全く覚えていなかったり,とまだまだ学習すべきところは多いが,楽しい学校生活を送っているようなので何よりである。
先週は親(特に俺)が緊張していたので,一週間が終わるとどっと疲れていたが,今週は早起きにも慣れ,朝六時頃目覚ましが鳴る前に目覚めてしまうライフパターンを体が覚えてしまった。

さて,登校は近所のよく遊ぶAちゃんと一緒に行く。そういう決まりなのか,登校初日にAちゃんがおうちまで迎えに来てくれて,二人でピューと行ってしまったのだ。
それが三日ほど前から,どうもオカシイ。呼びに来てくれないので,家の前で待て,と送り出した。ベランダから娘がAちゃんと合流する様を見ていると,オハヨウの挨拶もなくすれ違うように先に進むAちゃんを後から追う娘,という構図になっている。

Aちゃんがなんか,おうちで怒られでもして,機嫌が悪いんだろうか,ぐらいに思っていたが,一応その日の夜,「何かけんかでもしたのか?」と聞いてみた。
娘は心当たりがない(私は何もしていない)という答え。もっとも,娘のこの手の回答は,嘘をついていることが多いので眉唾。

次の日は,一緒に並んでAちゃんをまってみた。Aちゃんもお兄ちゃんと一緒に出てきて,対峙したときに嫌そうな顔をしている。娘も泣きそうな顔をしているw
「一緒にいったってなー,いってらっしゃーい」と送り出したものの,やはり何かあるようだ。

ということで,その夜(昨晩)聞いてみた。何度も何度も脅したりすかしたりして聞いてみたところによると,「Aちゃんが『先先いくんやったら一緒にいってやらん』と言った」という。Aちゃんは二年生として,先導してあげたかったのに,娘が追い抜いたのが気に入らない,ということのようだ。どの程度追い抜いたのかはよくわからんが,ともかく過失は娘の方にありそうだ?

で,「無理に仲良くしろとは言わないが,せっかく出来た友達だから,謝って一緒に行ったらどうだ」と言ってみた。娘は「友達100人できるとおもっていたけど,これを機に99人になっても仕方がないかぁ・・・でもまだ99人いるからいいか・・・」と謎のつぶやきをしていたが*1,ともかく一度謝ってみろ,と。それで許してくれなかったりするのなら,こっちから願い下げてやれ,と教えた。

さて,今朝。学校は楽しいのだが登校のシーンは嫌,という娘の背中を押しながら,Aちゃんを待つ。今日のAちゃんは機嫌良く,娘に「いっしょにいこ?」と言っている。
とはいえ,娘と昨晩約束したので,ちゃんと言いなさい,と圧力をかけると,かき消えそうな声で「いっしょにいってください」と。
Aちゃんも「はーい」とちょっと嫌そうな感じで?返事をしたので,これで一件落着。?。

まぁ子供の世界はよくわからん。子供なりのルールもあるだろうし,変数も娘の態度だけじゃなくてAちゃんの状態とか,各家庭の事情とかいろいろあろうさ。
でもその辺を調整しながら生きていくことを学ぶのが学校だろうから,頑張って大人になってもらいたいものです。

*1:一年生は全部で96人であり,友達が100人いるというのは事実ではなく定義のようである。もっとも父としては引き算が出来ていることに驚いていた。

コメントは受け付けていません。