寝ながら学べる構造主義

寝ながら学べる構造主義 (文春新書)

次は「寝ながら学べる構造主義 (文春新書)」です。確かに寝ながら読めます。軽いです。よくわかります。構造主義以前(ニーチェソシュール)、構造主義四銃士(ラカン、フーコーレヴィ=ストロース、バルト)というまとめ方もとても良い。特に、ラカンの分析的対話は、へぇそうか、と理解した次第。

さて、ポストモダンに手を出すかなぁ。

コメントは受け付けていません。