古い建物は

授業から研究室に戻ると、人の気配。つなぎを来たお兄さんで、「ガス管の交換に参りました」と。
そう言えば、先日の安全点検で使っていてはいけないことになった青いガスホースが付いたままだ、と言われたのだった。事務が早速手配してくれたのね。

時間がおしていたので「宜しくお願いしマース」と部屋を出る。

次のコマの授業が終わって戻ると、今度は人数が増えている??三人ぐらいいるのだ。事務員さんが言う。
「異臭、しませんでした?」
しませんでしたけど、なにか?
「ガスが漏れていたんですって・・・ずっと」

なんと(笑)

検知器でないと検出できないほどのごく微量だったそうだが、24時間出っぱなしだったわけで。そんな危険な部屋で一年半も過ごしていたのか。こえーな(笑)

ま、古い建物だから仕方ないのだと思う。改修も決まっているみたいだし、実はここだけの話、あの古い建物が結構気に入っているのだ。国立はやはり、古くぼろくあるべきですよ。

最後のコマが終わって部屋に戻ると、ガスのコンセント部分が周囲の汚れと全くマッチしない感じで、ぴかぴかになっていた。

コメントは受け付けていません。