数学的にありえない

数学的にありえない〈上〉
数学的にありえない〈下〉

これ、小説です。たまにはこんなものも。

マイケル・クライトンダン・ブラウンのような、科学的プロットのしっかりした、スリリングな小説。一気に読めてしまいます。説明の根本にあるのが、量子力学であったり精神分析であったり。

ネタバレになるので書かないけど、アイディアが面白いです。読後感もすっきり。そのうち映画化されるかな?難しすぎるかな?(笑)
ちなみに英語の原題は「Improbabe」。訳しにくかったろうなぁ〜

コメントは受け付けていません。