Kosugitti's BLOG

アンドロイドは正規分布の夢を見るか

この画面は、簡易表示です

2008

今年の10大トピックス

例年通り、そろそろ今年をふり返っておこう。明日は反省会。まぁ同僚の家で飲むだけなのですが、そういうことがあるので多分ふり返ったりできません(笑)

  1. 第二子誕生、お宮参り、百日祝い
  2. 娘と二人だけで生活
  3. 研究会合宿〜生命論を巡って
  4. 娘の運動会、なかよし会
  5. 大学院でより専門的な講義(後期)
  6. 教養のソシオン講義(後期)
  7. 新スタッフがやってきた
  8. 一年生チューター(前期)
  9. ゼミ一期生卒業
  10. Rに乗り換え

一応、順番づけて並べてみたけど、それほど順序に意味はない。というか、娘、第二子、新スタッフ・同僚Oとの話は基本的に生活的ペースで連続的に行われることであり、イベント(出来事)ではないので、なんともピックアップしがたいのだ。でも、確実にこの人的要素がおおきく環境を変えているので、無理矢理トピックスとして導入してみました。しかし、妻がトピックスに挙がらないなぁ。ほぼ全部に関係しているのに!(笑)

仕事の面でも、結構充実しておりました。成果が上がったというわけではありません。むしろ、下がったかな・・・。学会発表しかしてないし、学会発表もエントリーだけして原稿寄稿忘れということもしでかしたので。でもまぁ、言い訳かもしれませんが、いろいろ思うところ・考えるところあった一年だった・・・。現代思想の流れを把握できたのも良かったし、現象学についてのある程度のイメージが固まった。統計技術とそれとの関係もふまえられるようになったし、一歩進んで生命論、を考える時間・機会があったことは何よりも幸福なこと。講義として、ソシオンや現代思想、統計解析をやれたのは自分のためにも良かった。でもそろそろ飽きてきたので、来年度は違うスタイルでやります。そういうのも、刺激になって良いかなと思ってみたり。

ところで、今年は旅行してないなぁ。出張で東京・横浜・大阪・広島には何度か出かけたけど、ちょっと外れたところ、のような観光的行動をほとんどしてません。来年はもっとどこかに行きたいと思います。

来年も、家庭太平&研究精進の一年にしたいと思います。



正しい正月

今年はこちらで家族だけで年越し。妻が張り切ってお重におせちを詰めています。

横で見ていて思うのは、正しい正月のイメージがあるんだなぁ、ということ。
私は正月のイメージといえば、冬休み+初詣+年始のごあいさつ、というぐらいのものだ。
普通の人は、これに年越しそば、紅白歌合戦、おせち、お雑煮があるのでしょう。

私の記憶にある「年始のごあいさつ」は、行き先が父方の祖母のところしかなかったので、ほとんどあってないようなものだ。家族のイベントというのも、ある程度大きくなったら無くなった。むしろ、大学院生になってから、指導教授の所にお年始のごあいさつに行くようになって、「わーい、イベントが増えたー」と喜んだほどだ(笑)

その点、妻はしっかりと、料理のイメージ、家族のイメージ、年越しのイメージがあるようです。紅白観るっていってるし(笑)
子供達が大きくなるにつれ、ちゃんと「我が家の正月」を形成していかなければならないんだなぁ、と思うと、大人って結構やることがあるもんだと思うわけです。



落ち込む

またやってもた。カレー、焦がした。火を止めたと思いこんでた。二つ作ってたから(甘口と大人用)。
しかも、焦げたのであわてて少しかき混ぜてもた。妻に言われて手を止めたけど、混ぜなかったら上澄みはまだ美味しいカレーだったのに。

めっちゃへこむわ。



ベイズ入門

入門ベイズ統計―意思決定の理論と発展

入門ベイズ統計―意思決定の理論と発展」を読了。うむ。入門できた。しかし、知りたいことはベイズ統計の全体像ではなくて、心理統計におけるベイズ統計の貢献の仕方なのである。

ベイズ統計による革命がそろそろ来そうだ、と感じている。存在そのものは10年前から「そろそろだぞぅ」と言われていたので知っていたが、そのときはまだツールがなかった。結局、我々のような応用目的の人間にとっては、理屈はともかくソフトにどのように実装されるか、それをどのように表現すれば、どのように説得力を持つか、ということが重要なのである。豊田先生のMCMC本(マルコフ連鎖モンテカルロ法 (統計ライブラリー))や「ベイズ統計データ分析―R & WinBUGS (統計ライブラリー)」が出てきたことをもって、はじめて私なんかは「そろそろ来そうだ」と重い腰を上げるのである。それでも、心理学業界ではまだまだネイマン-ピアソン流の仮説検定がほとんどなので、早いほうなのである。鶏口と為るも牛後と為る無かれ、てか。

さて、実際どうやって我々がベイズを使うか、という話になってくると、結局いろいろな分布について知っておかなければならないようだ。こういうときはベータ分布、こういうときはガンマ分布・・・てな具合でスタートポイントを設定してやらないと、MCMCのチェインがまわらないのである。まわると今度は、この辺の数値でこれぐらいの割合で落ち着きますよ、確からしさが高まりますよ、という報告の仕方になる。これは確かに、「有意差あり!」「なし!」と言い切れたことに比べると表現上のインパクトは弱いねぇ、ウケがわるそうだ(笑)

とまれ、分布と、MCMCの一歩前、ブートストラップ法のことをよくよく勉強してから、Bugsの使い方に慣れていきたいと思います。



エマージェンシー

掃除をして一息ついた頃、家の電話が鳴った。電話の相手は学生で、「先生、事件です」という。そのセリフが言いたいだけじゃないのか、とつっこもうかどうしようか迷ったけど、聞いてみることに。

ゼミ室にある共用パソコン、今まではパスをかけてなかったんだけど、今日学生が使おうとするとパスがかかっていたらしい。何とかなりませんか、という。ついでに、学生のノートも盗られたとか。最近、窃盗騒ぎがあったところなので、気になって登校することに。ゼミ室のパソコン管理は一応俺の担当だし。

行ってみたが、とりあえず自分の研究室に被害はナシ。他の部屋も大丈夫のようだ。とりあえず、このパスがかかったPCとノートの紛失?が事件らしい事件。結論から言って、悪意のあるイタズラとしか言いようがない。

いろいろ調べてみたのだけど、IDもパスも不明な場合、いかにXPとはいえ破るのは難しい。使うためには再インストールが必要になるようだ。

幸い、PCを使いたい理由は専門的な統計ソフト、SPSSが入っているからであそうだ。そういうことなら、と自分のノートPCを貸し出した。共用PCだから、ファイルが必要なのだったらCDブートのKNOPPIXでも使おうか、と思っていたが、そこまでは要らないみたいで。

パスの心当たりを聞いてみて、誰も言い出さなかったら、再インストールするしかないんだろうな。やれやれ、面倒なことだ。まぁ管理者といいながら管理していなかった俺が悪いのですがorz

しかし、今でも学生は一人一台ノートPCを持つように強く推奨されていて、ソフトをRとかOpenOfficeのようなオープンなものを前提にしてしまえば、「共有PC」という不安定な存在は無くなるからちょうど良いんだよなぁ。あー、Rを普及させてぇ(笑)



お休みの日

昨日から年末年始のお休みに入っている。

物言わぬ息子と、やたらやかましい娘。
俺としては、一寸した宿題をしたり、休みの間を使って本でも読んでいたいのだが、それを許してくれない環境。
大人の事情を優先すると、イライラしてしまうし、大人の事情を飲み込んで子供に合わせていても、何で思うようにならないんだとイライラする。

あかん。



しごとおっさめ

今日は仕事おっさめ。

100均に寄ってから出勤。机の上を片づける小物入れや仕切りボックスなどを購入。
着いてすぐに掃除機をかける。隅々まで。
足りないものを書き出す。年始すぐに買いに行こう。
片づけ中に、紙で手を切った。いてぇ。

午後は愛知県から知り合いが統計相談にやってきた。
研究室で対応。
途中で野菜のお裾分けをもらったりして、いろいろアットホーム気分。

夕方、四年生が残るゼミ室に「良いお年を」と言ってから帰宅。
これで今年も終わりですか。

しかし、帰京するわけでもないので、ちょっとした長期休暇だな。夏休みより、休み感があって好きだけど。
だんだん年度終わりのほうが「終わった」という感じが出てくるんだろうな、この商売。



ハカドラン

今日の予定は、仕事を一つこなして、午後は研究室の掃除、だった。

が、卒論・修論等々の指導が入って、ズルズル時間が経ち、気が付けば「今日は早く帰るね」の時間をオーバー。
仕事は終わってないわ、掃除も終わってないわ。本の位置を整理したぐらいだ。
ほとんど明日回しになった。机の上も拭きたいんだけどなぁ・・・。

ところでこの「卒論・修論等々の指導」というやつ。どうにか計量化できないだろうか。
卒論カウンセリング?統計ガイダンス?コーチング?アドバイス?なんでもいいけど、何件やったかをデータで表現できればなぁ。ジョークとして、研究室のトビラに、「統計ありマス」(マスは□に/)って書いておいたろかな、とは思ってる。

ま、言い訳にしかならんか。相談に来る人も、来にくくなるわな。嫌なわけじゃないし、これも仕事だから。



クリスマス・ジュリーン

娘はそれはもうハッキリと、「今日はクリスマスじゃない」という。クリスマスは明日だそうだ。正論。

じゃあ今日は?と聞くと、「クリスマス・ジュリーン」という妙な答えが返ってきた。

後ろで妻がクスクス笑っている。「ふぅちゃん、それは、クリスマス・ツリーのことやろう」
なるほど、ツリー→ジュリーン、か。
幼稚園の前にかざっていたツリーが大好きで、いつの間にか12月24日=クリスマス・ツリー→クリスマス・ジュリーン。

今日は、家族揃ってお掃除とかお買い物とか。先週末できなかった家族イベントを実施。気分はほとんど日曜日。



襟の付いてるヤツはベイジアンだ

昨晩は忘年会。いやはや、美味しかったし、楽しかった。

学生の前で熱弁をふるいました・・・。思い出すと恥ずかしい限り。こういうのもトラになったというのかな。頭はスッキリしていたし、今朝なんかはカタルシスを感じて、嫌なこと全てを忘れていました。正しい忘年会。

しかし少し反省。お部屋を提供してくれた同僚には、迷惑をかけたかなぁ。すっかり自分のザ・ワールドに入ったので、彼に対する配慮がゼロでした(笑)ごめん、許してね。

反省がてら考えた。自分はどうも、「態度は大きく、心は小さく、口は軽く、体は硬い」人間のようだ。来年の目標は、後半二つを反転させることにします。

追伸)タイトルは、昨晩「あいつは襟が付いているからベイジアンだ」「なにお、この襟無しピアソン野郎が」と言いながらプロレスをした記憶がボンヤリ残っていることから。

追伸2)ウイイレというのをはじめてやらせてもらったが、結構面白かったので、PS2で出ている中古を買ってみようかと思っている。すっかり同僚に染められています(笑)




top