知性の限界

知性の限界――不可測性・不確実性・不可知性 (講談社現代新書)読了。前回の理性の限界とあわせて読むとよりよいのでは。 読みやすさ抜群。枕元において、三日もあれば読めます。 深い内容があるというよりは、ざーっと概観できるの … 続きを読む

FD会議についての意見と愚痴

今日は18時スタートの会議に出席。三つのキャンパスをビデオでつなぐ会議室だが、機械の調子が悪くて十分ほど遅れてからスタート。 先に断っておくが、私はグラデュエーション・ポリシー(GP)やカリキュラムマップ(CUM)のアイ … 続きを読む

反哲学史

「反哲学史 (講談社学術文庫)」読了。 一言で言うと、「どこが反やねん」です。いや、いい意味で。 哲学に入門するというわけではないけど、哲学の流れを知りたいなぁと思う人は、この本で十分じゃないかな。 現代思想まで到達して … 続きを読む

メタファーは景気よく

「メタファーは景気よく」というのが師の教え。思い切りありえへんぐらいの喩えをすることで、思考も広がるという話。 ということで、酔って議論をふっかけるときは、色々馬鹿馬鹿しい喩えを出して遊んでいるのだが、今更ながら相手によ … 続きを読む